• 給与計算ソフト導入のメリット

    • 給与計算とは企業が従業員に毎月支払うべき給与を、期日までに様々な規則や法を元に正確に計算して支給準備することを言います。

      どの企業でも、労働に対する対価として給与を支払うという労働契約が結ばれているため、給与計算業務は必ず存在します。



      給与は決まった金額を支払えばいいという訳ではなく、企業が定めた就業規則に基づいて、従業員一人一人の勤務状況や有給、残業などをチェックしなくてはなりません。


      また日本においては所得税や地方税などの税金や保険料は、企業が従業員にかわって給与から控除して納付しなくてはならないので、それらの法律も関係してくる非常に複雑な業務と言えます。



      給与計算は正確さが求められるので計算を一つミスしてしまうだけでも、給与の遅配や支給額のミスなどにつながってしまいます。



      なので、すべてを人の手で行おうとすると、非常に手間がかかり時間とコストがかかる作業となるのです。



      そこで多くの企業がこの給与計算業務のソフトを導入することによって業務の効率化と正確な計算をすることを成功しています。ソフトにも様々な種類があり、人事部門や勤怠管理などの他のソフトとも連携することが可能なので、ソフトの導入の仕方によっては企業にとって非常に戦力となることができるのです。



      ただし、やみくもに導入をするのではなく、企業の規模やIT化を求める部分などを明確にして、どのような給与計算ソフトを導入することが企業にとって最大の利益を生むかということをよく考えてから導入することで、より企業の利益を生み出すのです。



  • 関連リンク

    • 給与計算ソフトを導入するときに気をつけることは?

      給与計算ソフトとは、給与の計算から、明細書の発行までをトータルでサポートしてくれるとても便利なソフトとなっています。社員数の少ない会社であれば手動で計算していくことも可能ですが、多くの社員がいる場合、経理の業務負担は図り知れません。...

    • 給与計算業務におけるソフトの導入の利点

      企業は従業員に労働に対する対価として給与を支払うということが義務付けられ、どの企業でも給与支払いは労働契約で決められています。つまり、どの業種の企業でも必ず給与計算業務は発生し、企業と従業員を結ぶ非常に重要な業務と言えるのです。...